カテゴリー別アーカイブ: freee

freee5つ星アドバイザー(最高ランク)に認定されました

 

 

 

当事務所は本日、クラウド会計ソフトfreee様の5つ星アドバイザーとして認定されました。
認定アドバイザー制度は10月に改定され、星は1~5までのランクとなっています。
5つ星は最高のランクであり、2017年10月18日現在では全国で6事務所しかありません。

私自身はfreeeのβ版リリースの頃より、このプロダクトの基本理念に共感し、また将来性に大きな期待を抱いてきました。そして3年前に独立開業するにあたっては「会計ソフトはfreeeしか使わない!!」と決め、他の選択を断ってクライアントサービスを提供して参りました。

今回こうして5つ星アドバイザーに認定されたことは、クライアントの皆様に私のそうした考えを支持していただいた賜物であると思っています。この場をお借りして改めて感謝申し上げます。

そして、最高ランクのアドバイザーの名に恥じぬよう、クライアントサービスの質や体制を充実させていきたいと強く感じております。

今後は私の大手監査法人での上場支援経験とこのfreeeの業務知識を組み合わせ、上場準備企業にfreeeエンタープライズバージョンを導入するコンサルティングに注力いたします。

今後とも当事務所をどうぞよろしくお願いします。

 

クリニックの収益計上を極力自動化する

クリニックの会計処理の中で、保険診療の請求(レセプト)を会計システムに計上するというルーチンがあります。多くのクリニックはレセプトは電子化されており、会計処理に必要な情報は電子化されています。しかし、それを会計システムに取り込むにはいったん手作業で入力しなければならず、それほど膨大な手間ではないとはいえ、せっかくfreeeを使っているのになんとかならないかと思っていました。

freeeにはエクセルインポート機能があり、レセコンも多くはcsvデータに出力することが可能です。そこで、クライアントから入手したcsvデータからfreeeにエクセルインポートできる様式を一発で作成するマクロを作りました。

これでエクセルのマクロボタン1つ押せば、freee様式のエクセルファイルの作成、所定のフォルダへの保存まで行うことができるようになりました。

次はfreeeのAPIを勉強してfreeeへの会計処理も自動化したいと思いますが、もしかしたらレセコンシステムのどこかがfreeeに対応するようになるかもしれません(ずっとそれを期待しているのですが、なかなか出てこないので自分でマクロを作ってしまった次第です)。