作成者別アーカイブ: Toshiharu Ko

freeeとの出会いとtwitter

freeeとの出会い

クラウド会計ソフトfreee、

今となっては私の収入の相当な部分を占める業務の重要なインフラとなっている訳ですが、その出会いは今を遡ること5年前になります。Macでも使える会計ソフトはないものかと、コワーキングスペースで話題となっていました。そこへツバメのごとく颯爽と登場したのがfreeeという、一瞬スペルミスではないかと思ったソフト。クラウドでwebブラウザで動くソフトだからWindowsでもいけるしMacでもいけるということで、早速興味を持ちました。当時は監査法人に勤務していたので、ヘビーユーザーになることはできませんでしたが、今では私の仕事にはなくてはならない大切なサービスです。

思い起こせば、これもtwitterというSNSがあったからこそのご縁だったなと。

いま述べたような問題意識を持ちつつ、twitterでバンバン投稿していたところ、twitterでつながっていたITメディアの方から開発者の佐々木さん(現CEO)を招いてfreeeの説明会をするから意見をもらえないかとオファーをいただきました。宅配のピザをつまみながら4,5人でfreeeについてあーだこーだとディスカッションしたと記憶しています。「記憶」といったのは、その頃のfacebookを見直しても一切の投稿が見当たらず、「それは夢だったのか、いやそんなことはない、鮮明に記憶もしているし、こういうのは絶対SNSに上げている。とうとう俺も妄想と現実の区別がつかなくなりつつあるのか?」などと考えましたが、佐々木さんがまだβ版につきSNSでの拡散はご容赦下さいとおっしゃっていたような気もしてきました。

その時に大きな衝撃を受けるとともに「freeeが良い!!」と直感したのが、ベンチャー企業のCFOをやっていた佐々木さん、会計ソフトに取引を入力しようと請求書を見ていたところ、「これって誰かが1回デジタルデータにしているよね(印字されているから)。それを何で自分がもう一度手作業で打ち込まないといけないの??」という感覚。そんな問題意識がfreee開発と創業のきっかけとおっしゃっていまして、これは早晩すごいことが起こるなと感じた訳です。

その3年前の2010年頃に、勤めていた監査法人の同僚で30年後の会計業界はどうなっているのだろうかと議論していました。会計に関するデータは全てクラウド上に蓄積され、取引登録に必要な情報を自動で抽出し仕訳も自動で起票される。人の手を介するのは稀な頻度でしか発生しないイレギュラーな取引だけ。会計のもとになるデータはクラウド上に唯一無二の状態で存在し会計ソフトはそのデータを組み合わせて取引を登録するという概念。そこでは30年ぐらい経てばそんなSFのようなことも実現するのではないかぐらいの感覚でしたが、その10分の1の3年でそのコンセプトを持った会計ソフトが世に出ようとしていたのです。

そんなこんなもあり、独立した折にはfreeeをツールに、これまでにはない会計事務所の形を提示していこうと考えていて、それをいま少しずつ実現していっているところです。

freeeに期待すること

よく経理のベテランの方からは「freeeは取引の入力がやりづらい」という意見を聞くことがあります。freeeはそもそも入力なんていつまでやるつもりなの?っていう方向性な(であってほしい)のでそうした意見には左右されず、手作業ゼロの理想を追求してもらいたいです。

すでに一部の銀行とは取組がなされていますが、freeeの取引データを銀行に共有する。ここからは銀行側の話ですが、銀行は得られた膨大な取引データを解析して与信判断をする。そして銀行はその結果、融資枠、金利などの条件を事業主にプッシュ型で提示する。事業主はその条件でOKならばボタン1つで融資が実行される。これまでは沢山の書類を作成して銀行に持ち込み何週間もかかって審査を受ける。その結果審査に通らないこともあって、事業主は大きな虚無感に襲われることもしばしばだったかと思いますが、このやり方ならそうしたトラウマも経験せずに済むはずです。しかも労力はほとんどかけずに。

会計監査だってfreeeを介して自動で行うことも可能かもしれませんね。

freeeには単なる会計取引の集計ソフトという概念を超えてお金にまつわる全ての煩わしさから事業主を解放するプラットフォームになってほしい。そしてそのポテンシャルは十分にあると信じています。

私は進んでその伝道師になりましょう。

 

 

っていうか、freeeってまだ5年ぐらいしか経っていないサービスなのね...。
10年ぐらい経っているかと思っていたけど、そう思うと伸びしろありまくり。

そんな会計の未来をみてみたい方はコチラにどうぞ。
https://info.freee.co.jp/e/448252/advisor-form-/86x39n/864096463

Twitterはじめます

以前やっていたTwitterを別のアカウントで復活させました。
最初のアカウントはSNSが出始めの頃で、とにかく新しいものを楽しむ、バーチャルなネットワークを拡げるといった視点でそんなに脈絡もなくバンバンやっていましたが、今度は、

投稿:仕事を中心とした情報発信
フォロー:仕事を中心とした情報収集

というスタンスでやっていきたいと思います。

そうはいっても過去のTwitterが失敗だったというわけではなく、それをご縁に今がある話も沢山あり、これを機会にいろいろ思い出してきたので、これからそれを書いていくつもり。

【お知らせ】株式会社メディカルネット監査役候補者内定について

この度株式会社メディカルネット(東証マザーズ)監査役候補者に内定いたしました。
正式には8月の株主総会の承認をもって監査役に就任することになります。

これで監査役を務める株式会社は5社目。上場企業では初めてとなります。

未上場企業であっても株主の利益ため取締役の職務執行を監督するのは変わりありませんが、上場企業ではその株主が不特定多数に及ぶのでより一層、他の監査役と協力して努めて参りたいと思います。

<会社のプレスリリース>
監査役の異動に関するお知らせ

<日経新聞人事欄>
人事、メディカルネット

生活リズムの見直し

ここ1年、息子の部活の試合観戦に行くときには、なるべく走って行くようにしています。
ダイエットの目的でもないしフルマラソンに挑戦するためでもありません。せっかく応援に行くのだから選手と同じぐらいの時間(90分)頑張ってみようかなという気持ちです。90分だとだいたい15キロぐらい走ることになりますが、自宅近くの会場だと5キロぐらいですし遠いと20キロぐらいです。それ以上はまだ無理です。

おかげでずいぶん体は軽くなりました。体重は量っていないから分かりません。走る前後でカーボローディングと称して沢山食べますのできっとそんなに体重は減っていないのでしょう。それでも最初は5キロ走るだけでもしんどかったのが5キロはするっと走れるようになりました。継続は力なりということを実感できたことが大きな収穫です。

しかしこの酷暑。無理して走っている場合でもないと思い始めました。ただせっかく習慣になったランニング。おかげで体調も良いのでなるべく辞めたくありません。そこで暑くならず、日中の行動に支障のない早朝に走ることにしました。

元々朝は強いので5時には起きるようにしました。
そして近所をランニング。でも毎日はしません。気が向いたらです。
走り終わってシャワーを浴びてもまだ6時前です。
そこから前日のメールの返信をまとめてやります。一応緊急のものがないか、どんな内容のメールが来ているかはチェックしますが夜は返信はしないようにしました。
メールが終わって朝食を摂って7時ぐらい。

これだけ活動すれば完全にカラダのスイッチが入ってますから、すぐに活動開始可能です。
とても良いリズムになっています。

執筆した書籍が発売されました

昨年夏より執筆活動を行っていた書籍がようやく発売になりました。

非営利法人に携わる方々がこの一冊で会計税務実務の概ねをカバーできるようにというのが刊行の趣旨です。

私は医療法人の章を担当しました。

ご興味ありましたら是非ご覧ください。

 

これからまた繁忙期

←移転のお祝いをありがとうございました!!

新しい事務所に移転して1ヶ月が経ちました。
確定申告の最中という無謀なタイミングでしたが、なんとか税務の繁忙期は乗り越え、後回しにしていた諸々を片付けています。

後回しにしていた諸々

  1. 公認会計士協会・東京税理士会への事務所移転手続と会社の本店移転登記
  2. 独立するときに監査法人の同僚の方々からプレゼントされたネスプレッソマシンのセット(空気抜きが上手くいかずサポートセンターに問い合わせながら)
  3. セキュリティソフトのアカウント追加
  4. 家賃や水道光熱費の口座振替手続(これまで使っていたネットバンクでは不可のため銀行口座の開設から必要でした)

でもすぐに繁忙期

これでようやく事務所として巡航速度に入れそうですが、すぐに会計士の繁忙期に突入です。
こちらは事務所ではなくクライアントへ出向いての仕事になるので、事務所での作業は現場仕事が終わってからの夜か土日にやらなくてはならないでしょう。

4月5月は疲れも溜まり体調を崩しやすいので、気をつけながら頑張ります。

事務所移転:Day7

ひとまず一通りのものは揃いつつあり、確定申告の仕事を新しい環境で進めています。
そこで強力なデバイスがデビュー。

これまでノートPCのディスプレイだけでやっていましたが、やはり何かを参照しながら作業をすることが多く、どうしてもの時は印刷をしていました。それではペーパーレス化の流れに思いっきり逆行することになるのでイヤだったのです。

今回初めてデュアルディスプレイ体制にしてみました。

画面も大きいので、エクセルも上下スクロールの回数が少なくてすみますし、とても業務効率が上がっています。

事務所移転:Day2

この日設置したのは

  • デスクチェア
  • 雑誌書棚

の2点

デスクチェアは長時間使うものなのでこだわりたいところ。
アーロンチェアっていう選択肢もあったけれども、180度水平にリクライニングができ、仮眠も可能なこのゲーミングチェアに決定(ゲームはやらないように気をつけます)。

これで最低限のデスクワークができるようになった。

次は雑誌用書棚。雑誌は普通の本棚に入れてしまうとなかなか読まなくなってしまうので、最新号が見えるこういう形のものに。まだ少しさびしいのでとりあえず世田谷ライフと小田急線時刻表を足してみました。

上に乗っているのは、3年前に前職を辞める際にいただいたNespressoマシン。
ようやく使える日がやってきました。

事務所移転:Day1

この日搬入、設置したのは

  • デスク
  • 手許キャビネ
  • Wifiルーター
  • スマートスピーカー

まずはデスクの組立て。これがないとスマホや財布ですら床以外に置き場がない。
仕事をするときは書類やら参照する書籍やらを同時に机に展開するので、L字型の机を選択。本当はコの字型でもいいくらい。

続いてデスク用のチェアーを設置するはずがなかなか来ない。問い合わせたところちょっとそこまで買い物に出ている間にすれ違ったらしい。何度もスケジュール変更してもらっているので大変申し訳ない。

次はルーター。こちらは電源を入れて接続するだけなので簡単。

その後キャビネを組立て、スマートスピーカーをセット。BoseとかGooglehomeとか色々あったがこれを選択。Google assistantが内蔵されているところが決定のポイント。ビデオ会議時のマイク&スピーカーにも使いたいし、GASを使って音声入力の会計処理にもチャレンジしたい。

https://www.sony.jp/smart-speaker/

事務所移転のお知らせ

2018年2月27日より事務所を以下の住所に移転しました。
移転といってもようやく自宅から新たに事務所を借りたので、開業して3年以上経ってようやく事務所を開設しましたという感じ。

1年以上前から事務所を借りることは課題にしてきたのだけれど、なかなか踏ん切りがつかず、昨年も税務顧問報酬が事務所の家賃程度増加したらと決意しつつもその後もだらだらと現状を続けていたところ、メンバーだったコワーキングスペースのPAX Coworkingが3月で閉鎖されることを年末に聞いて、いよいよ尻に火が付いたというわけ。

ご覧のようにほとんど片付いておらず、徐々に事務所らしくしていく予定ですので、今後ともどうぞよろしくお願いします。

<事務所住所>

〒155-0032
東京都世田谷区代沢5-32-5 シェルボ下北沢304